日本経済新聞社が発行する「日経産業新聞」にKEiROWの取り組みが掲載されました。

昨今社会問題となっている訪問医療マッサージにおける不正請求問題への対策として、昨年度2017年にKEiROWは業界で初めて「ビーコン(Bluetoothによる位置測位などの機能を持つ無線デバイス)」を活用した新システムを導入いたしました。

今年度は、同システムをさらに強化するために、全地球測位システム(GPS)の機能を追加いたしました。

KEiROWは、訪問医療マッサージに対する信頼・安心の獲得のために、これからも、ご利用者様の目線に立って、新たなサービスを開発してまいります。

そして、今後ますます地域連携の強化、在宅医療・在宅介護との連携強化が必要とされますので、「KEiROW」はご利用者様および医師の方々からも信頼をいただけるよう、常に誠実な訪問医療マッサージを展開いたします。

掲載記事:「施術師の行動 無線で管理」(日経産業新聞)
※日本経済新聞社が記事利用を許諾しています。

媒体名 日経産業新聞
発行元 日本経済新聞社
発行日 2018年6月13日(水)